ハワイが日本人に愛される理由

日本人はハワイが好きですね。空気がからっとしていて過ごしやすい。青い空、青い海。あの開放さが気分を良くしてくれるのでしょう。

しかしもう一つ重要なポイントがあります。日本語が通じること。日本人は英語教育を受けて育ちますが、実際にしゃべれるレベルの人は稀です。

そんなわけで日本人には英語に対して苦手意識があるのです。

しかし、アメリカであるハワイにも関わらず全く英語を使う必要がありません。唯一使うとすれば空港での入国審査の際にサイトシーイングという観光という言葉だけでしょうか。

あとはマクドナルドやタックスフリーのショッピングセンターなど、あらゆるところで日本語が通じます。

実際私もハワイに行ったことがありますが、とにかく日本人が多い。一瞬日本にいるかと思うぐらいに町中日本人だらけです。

外国旅行は、普段と違う日常から離れる環境が好きなんだ。

そういった人にはハワイは向かないでしょう。

一度だけイングランドに旅行したことがありますが、あそこはハワイとは真逆。日本語が通じるシーンはありません。

いくら待っても来ない電車について質問する時も、パブと呼ばれるお店でビールを注文する時も、フィッシュアンドチップスというイングランドで唯一美味しい料理を頼む時も英語が必要です。

日常から離れたいならイングランド旅行はおすすめです。相席居酒屋 一人