日本人が得意な体育会系の種目について

日本人はアフリカ人のような天性のバネをもつ身体的能力はないのだが、トライアンドエラーを繰り返して習得する勤勉さと、チームとして組織化し、そのゲームの本質を理解することによるチームプレイで過去から現在にかけていくつもの種目で頂点を極めた。

球技に限っていわせてもらえば

かなり昔の話であれば、女子バレーボール。これは東洋の魔女と呼ばれるほどの強さをほこる時代があった。

最近であれば女子サッカーチームがワールドカップで優勝した。男子サッカーもベスト16で今回のワールドカップを敗退したが、いつの日かワールドカップで優勝する日がくると思う。

さて、全く日本人が成績を残せない団体種目がある。バスケットボールだ。

これは世界との差がうまらない。

身体能力の高い有望な選手が他の競技にいってしまうから。

いや、そんなことではない。

圧倒的に身体能力の差が大きいのだ。

サッカーやバレーボールだって身体能力の差は出てしまうけども、バスケットボールほどではない。

バスケットボールではほとんどのプレイに身体能力の差が出てしまうのだ。高さの違いも圧倒的だ。あまりバスケットボールをしたことがない大人が小学生と勝負したって、大体勝ててしまう。それぐらいバスケットボールにおいて高さは重要なのだ。出会い系 八王子